読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杏子のゴージャス日記

杏子のブログ

シェールガスなど需給を調整する必要性も高まる。

杏子です、米東海岸からLNGを日本に運ぶためにはパナマ運河を越えた後、太平洋を渡る航路をとる必要がある。
輸送期間が長いほか、パナマ運河の通航料がかかる課題があった。
パナマ運河の通航料は高く、燃料価格次第では日本に運ぶと採算が合わない可能性があるという。
英社がアジアで確保した権益で採掘したLNGを交換取引で調達すれば、コストを削減できる。
東海岸から日本に運ぶのに比べ、1往復あたりで数千万円から数億円規模の輸送費を削減できるとみられる。
東ガスの年間LNG調達量は15年度に1400万トン弱。
5年前と比べ2割以上増えた。
東南アジアやオーストラリア、米国と調達地域を多様化している。
17年に調達が始まる米国産シェールガスの調達量は20年までに年間 200万トン以上となる見通しだ。
東ガスはベトナムインドネシアなど東南アジア各国で国営大手と連携し、LNG基地の建設や運営を目指している。
英社から引き取るLNGを自社で利用するだけでなく、国内需要の変動に応じて東南アジアに供給できる体制をつくる。
原子力発電所の再稼働が進まず、火力発電への依存が高まるなか、燃料であるLNGの調達費用削減が重要性を増している。
日本の電力、ガス各社もLNG調達先の多様化やコスト削減に取り組んでいる。
各社とも東ガスと同様にLNGの調達先を従来の東南アジアから米国やオーストラリアに広げている。
中部電力東京電力ホールディングス傘下の事業会社が共同出資するJERAや関西電力大阪ガスなども米国産シェール ガスの権益を取得。
17年にも日本国内への輸入が本格化する。
米国産シェールガスなどLNG調達地域の多様化が進むなか、需給を調整する必要性も高まる。
最後にこんな情報をお伝えします。
数々のボクシング世界チャンピオンを輩出している協栄ジムから50周年を記念して、ダイエットやシェイプアップに最適なサウナスーツが登場しました。
今回の50周年記念のサウナスーツは、スーツ本体、インナーウェア、素早く水分補給が出来るようにペットボトルなどを入れる事が出来る小物入れの3点で構成されています。
まずは、肝心のサウナスーツから紹介しましょう。
おすすめポイントとしては、裏地の特殊コーティング加工とサウナ効果によって軽い運動でも大きな発汗をする事によるシェイプアップ効果が期待出来ます。
その発汗効果はプロのボクサーやアスリートも減量の際に使
サウナスーツおすすめ