読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杏子のゴージャス日記

杏子のブログ

素人が測る家庭血圧は会話などで数十ミリも変動する。

杏子です、医師や看護師が診察室で測る診察室血圧と、一般の人が自宅で測る家庭血圧に差があることは、以前から知られていた。
診察室だと緊張して血圧が高くなる白衣高血圧は有名だ。
その反対に、普段は血圧が高いのに診察室だと低くなる仮面高血圧の人も相当数いる。
Aさんは仮面高血圧の典型だ。
これを放置すると、脳卒中心筋梗塞になるリスクが加療中の高血圧患者より3倍高くなるとされており、注意を 要する。
高血圧学会で血圧計の精度管理ワーキンググループ委員を務める帝京大学の大久保孝義教授は家庭血圧を優先するほうがいいことを示す科学的な証拠はたくさんあるという。
最も有名なものは、岩手県花巻市大迫町で、1986年から30年間も続いている家庭血圧の測定事業だ。
延べ1万5000人以上の町民が参加して毎日自分の血圧を測定し、そのデータと、心臓病や脳卒中などの発症の履歴を記録している。
調べたところ、家庭血圧と脳卒中の発症リスクの間には明確な関連があった。
早朝に家庭で測った血圧が135ミリを超えた人は、明らかに脳梗塞のリスクが高くなる。
一方、診察室血圧と脳梗塞などの関連は明確ではなかった。
病気の予測という点では、家庭血圧が診察室血圧より明ら かに勝るのだ。
この結果は、世界の研究者が注目した。
関係の英語論文は130本を超え、世界保健機関や各国のガイドラインづくりにも反映された。
プロジェクトの中心の一人、東北大学の今井潤教授は高血圧の基準値である最高135ミリ、最低85ミリは大迫から生まれたと胸を張る。
素人が測る家庭血圧が、なぜプロより信頼できるのか。
第一に、同じ条件で測定しやすいからだ。
血圧は運動や食事のほか、排便・排尿、会話などで数十ミリも変動する。
最後は新着情報「レディースの喪服」に関して。
喪服レディース
デザインの中で最も気をつけるべきは、スカートの丈です。
お悔やみの席では膝は隠すべきであり、膝が見えるミニ丈のスカートを選んではいけません。
その為、通販で購入する際には、どのくらいの丈感になるのかをきちんと考えた上で購入しましょう。
実際の店舗で購入するように試着する事は出来ないので、慎重にチェックするのが重要です。
また、ギリギリ膝が隠れる丈の場合だと、動くと膝が見えてしまいます。
その為、動いても膝が見えないような、余裕のある丈感のスカートを選ぶのがポイントです。